2012.12.1
Free Bridal(2012.10.24)のご案内です。
メイン司会をされた中野梨沙さんhttp://ameblo.jp/freebridal/theme-10036928039.htmlの総合プロデュースによる手作りの素敵なブライダルをご紹介します。
レンガ造りの壁に蔦が絡まるアンティークな雰囲気のチャペル・学生食堂そして慣れ親しんだキャンパスの中で、お二人の幸せの誓いがたてられました。
アトリエ ユンヌ フルールもブライダルブーケ・花冠・ブトニア、そして会場装花のお手伝いをさせて頂き、とても心温まるひと時を共有させて頂きました。

2010.4.12
春から初夏に向かって、花や木々が芽吹く季節です。

2009.11.11
切花から庭木・山野草までこよなく愛するお客様の絵画作品。埼玉市展に入選。当店で買い求められた小さなオリーブが、キッチン出窓から見えるほどに大きく成長して、そこを通り抜ける風と一緒に、レモンの香りがしてきそうです。

2008.8.19
生花のウェディングブーケが押し花に。生花とはまた違った風合いで、花婿の知人・押し花作家による素敵な思い出作りでした。

2008.4.10
ジャズの発表会へのお祝い花束。季節のラナンキュラスとアンティークアジサイのカラーバリエーションが、ラメ入りの黒いドレスで歌われたお客様のお友達の雰囲気とマッチして大変に喜んで頂きました。

2008.3.5
お客様が習うテーブルコーディネートの発表会に、当店のお花を使って下さいました。
テーブルコーディネート作品名: ヴェネチア
花材: カラー、ブプレリューム、スチールグラス

2008.1.28
2008年元旦は、静岡県伊豆の海から大島を右手にご来光を浴びながら、良い一年になりますよう拝んできました。


伊豆の帰りは、お天気も良くて富士の裾野が一望でした。



年の初めは、ユンヌ・フルールのウィンドーも新春の雰囲気で。

2007.12.3
ユンヌ・フルール店内も、クリスマスディスプレーでいっぱいです。

2007.10.31
今年も、当店上のマンション住人有志の方達とテナントの協力で、ハロウィンが催され、昨年に比べ子供達の人数も増えて、盛況のうちに終わりました。
ユンヌ・フルールでも、可愛いお化け姿にくり抜いたかぼちゃ(オランタン)を店頭に飾り、キャンドルをつけて雰囲気作り。
用意したお菓子はアッ!という間になくなり、気がつくと子供達の両手にはお菓子がいっぱい……。

2007.8.9
油絵の具で描き残してみたくなるような濃いオレンジに熟したざくろ。
不順な季節もやっと秋を感じられるようになりました。

2007.8.9

5月中に開花が終ってしまったはずの母の日の鉢物カーネーションを店先の街路樹の根元へ地植えしたら今頃になってぽつ、ぽつ、と真っ赤な可愛い花を再び咲かせています。 北海道富良野の富田ファームからラベンダーの到着です。
花の一つ一つが大きくてパープル色があざやかです。店内にラベンダーの香りが通り過ぎます。

2007.6.11
当店にあったオリーブとマルメロの苗が、お客様のお庭で元気に成長して花が咲き、可愛い実をつけてくれました。写真:オリーブ(左)、マルメロ(右)

2007.4.16
当店のお花をお買い求めのお客様による、押し花展示作品をご紹介致します。
お花の色合いが優しくとけあい、一つの絵に仕上げられた自然な風合いが素敵でした。

2007.3.20
北陸富山から梅の便りが届きました。
富山の知人から『ポップコーン梅』と称して送られて来た楽しい画像です。『白梅』という高貴な名前ですが窓から遠目に見ると本当に“ポップコーン“に見えるとか。とてもポップな便りでした。

店内も春商品の初ものが入りました。
“スパティフィラム(Spathiphyllum)の鉢物です。ユンヌ・フルールの春一番をお知らせします。イタリー製の素焼き鉢に入った真白なスパティフィラムがとてもみずみずしく見えます。

2007.2.16

『埼玉県鴻巣市役所のひな壇飾り』
まだ2月なのに今年は小春日よりかと思うほどの温か陽気が続きます。
先日ニュースで放映のひな壇をじかに見たくて行ってきました。
ひな壇に飾られたお人形達がお披露目されて皆嬉しそう。
ピラミッド型26段のひな壇飾りのりっぱさと歴史の風格・風習の素晴らしさに酔いながら一足早く春を実感して来ました。
鴻巣びっくりひな祭りHP http://kounosubina.main.jp/

2007.1.30
旧友から頂いた賀状と共に新たな春を迎えるご挨拶(これも同じ旧友に書いて頂きました)を店内にディスプレーしてみました。
フリージアとスイートピーの香りが甘くただようユンヌ・フルールになりました。
今年も皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2006.12.27
『あまいろきらら』
ここにとても素敵な本と友人を紹介します。
この本の著者は地元中学時代の同窓生で秋山哲之介さんといいます。
知的障害者施設あじさい学園を開設し、関連の社会福祉法人理事を幾つか兼任し、知的障害者といわれている人達と幅広く接点を持つ中で、彼らのパーソナリティ『率直さ、素直さ』を見出し、著書「あじさいアート」を通して表現しています。
それを見る人達が温かい気持ちになり幸せに繋がることを願ってやまない優しい人柄の持ち主です。
私の中にも、何か置き忘れたきたような気がしてきました。。。

2006.11.30
『クリスマス準備』
来月(12月)は、街のあちらこちらでクリスマスツリーや街路樹のライトアップと共にクリスマスの始まりです。
クリスマスは人々に沢山の夢を運んでくれるようで楽しくなります。

2006.10.30
『ハロウィーンの子供達』
ユンヌフルールのあるマンションでも、それぞれに仮装した子供達が、“Trick or treat”とお菓子をもらい歩き、にぎやかで楽しい一夜でした。

2006.10.22
秋祭りが開催されました。今年は本祭りなので、川口市13町会の御みこし13基総出で清々しく晴れた秋空に「セイヤァ! せいやぁ!」の声が鳴りひびきました。
ユンヌ・フルールのお店があるここ寿町(今は“川口”と名前が変更)は、子供御みこし、大人御みこし、太古の山車、お囃子と盛沢山。子供達の賑わいがお祭りを一層盛り上げてくれました。何故か私も子供にタイムスリップしてしまいました。
(メモ)“金山町”と隣合せの“寿町”は、“金”+“寿”=“鋳物”という言葉の由来があり、
鋳物産業として栄えた川口を物語る意味深い名前と知りました。

2006.9.29
『ハロウィーン』: ハロウィーン=(All Hallow Eveから”Halloween”になったと言われています)は万聖節(11月1日)=All Saints Day(Halowmas)の前夜祭、イヴの日にあたる10月31日に行われます。
日本のお盆に似ていて、亡くなられた人がよみがえると考えられ、その霊を静めるために供物を差出し、差し出さなかった家には悪いことが起こると言われていました。
そうした死者を遠ざけるために、子供達に変装させて「Trick or treat!」何かくれないといたずらするぞ!。。。と、お菓子をもらうようになったのが由来のようです。

2006.8.1
『雲と虹のアンブレラ』(3才〜5才用): 今年の夏は雨の多い日が続きます。
雨の日は下を向いて歩きがちです。
そうした日に、ふと顔を上げたら水色の空に浮かぶ「雲」と「虹」が目に飛び込んできました。
あまりに可愛くて、そのままお店に持ち帰りました。見ているだけで楽しくなります。

『葉書き絵』: 近所のお得意様(関本米店の奥様)の作品です。
ユンヌ・フルールで買い求めて下さるお花をいつも素敵に描いて下さいます。
添え書きのことばも、絵にふさわしく味わい深く感じます。

2006.7.1
ちょっと可愛い鉢物を紹介します。
『うさぎごけ』: 南アフリカ産です。陽射しと湿度を好むので毎日たっぷりのお水をあげてます。
土の中の虫を食べてくれる食虫植物ですが、表面はうさぎごけに覆われて、
うさぎのかたちをした小っちゃな白い花を咲かせてとても可愛いです。

『朝顔』と『ミニトマト』: “うらなり”という言葉が似合うほど、トマトが鉢いっぱいについてます。
お天気がいい日はトマトの赤みが増してきます。
真っ赤に熟れると少しの揺れでも実がぽとりと落ちて食べ時を知らせてくれます。
美味しさがぎゅーっと詰まって美味しいですよ。
隣にある青い朝顔と仲良く並んで、夏の到来を知らせています。

『ラベンダー』: ラベンダーが北海道富良野から到着!店内はラベンダーの香りでいっぱいです。